2016年08月24日

BLE デバイス間の通信内容をパケットレベルで読み解いてみる

はてなブックマークに登録

前回の記事:
パケットスニファを使って実際に BLE 機器間の応酬を追ってみました。備忘をかねて以下に情報を控えます。題材には低価格で出回っているありふれた Anti-Lost 系 BLE デバイス A を選びました。この小さなデバイスには LED・ブザーと押しボタンスイッチが実装されており、対向スマホアプリとの間で双方向のやりとりが可能なつくりになっています。


デバイス A の UI

操作内容

デバイス A と Android 端末を使って以下の操作を行いスニファで BLE パケットのログを採取しました。

  1. デバイス A の電源を入れる
  2. Android 端末上の対向アプリからデバイスを探索しデバイス A との接続を確立
  3. アプリからデバイス A の LED+ブザーを ON にする
  4. デバイス A のボタンを押しアプリへ通知を送る
  5. アプリ上でデバイス A との接続を切断

応酬の全体像

スニファの Wireshark ログより

上の操作時に収集したパケットログの全体図です。   (クリックで大きく表示)

    

要約

パケットログの内容の要約を以下に示します。   (クリックで大きく表示)

  1. デバイス A の電源を入れる
    • デバイス A がアドバタイジングを開始 (ADV_IND)
  2. スマホ上の対向アプリからデバイスを探索しデバイス A との接続を確立
    • デバイスのスキャン (SCAN_REQ / SCAN_RSP) を経て接続要求 (CONNECT_REQ) 〜接続が確立するとデバイス A はアドバタイジングを停止
    • 機能情報を交換 (LL_FEATURE_REQ / LL_FEATURE_RSP)
    • デバイス A の提供する GATT プライマリサービス一覧を取得
    • 各サービス配下のエントリ(Included Service, キャラクタリスティック)一覧を取得
    • 各キャラクタリスティック配下のデスクリプタを取得
    • デバイス A のボタンが押された時に通知されるよう所定の Client Characteristic Configuration descriptor へアプリから Notification Bit 0x0001 を書き込む
  3. アプリからデバイス A の LED+ブザーを ON にする
    • アプリ上の所定のボタンが押されたタイミングでアプリはデバイス A の Immediate Alert サービス配下の Alert Level キャラクタリスティックへ値 2 (High Alert)を書き込む。これにより一定時間 A の LED とブザーが ON になる
  4. デバイス A のボタンを押しアプリへ通知を送る
    • デバイス A のボタンが押されたタイミングでデバイス A は自機のユーザ定義サービス 1 (UUID=0xFFE0) 配下のユーザ定義キャラクタリスティック (UUID=0xFFE1) へ値 1 を書き込む。当該キャラクタリスティック配下の Client Characteristic Configuration descriptor にはアプリ側から予め Notification Bit がセットされているためアプリへ通知される
  5. アプリ上でデバイス A との接続を切断
    • アプリからデバイス A へ LL_TERMINATE_IND を送る

応酬の詳細

全体の流れを見渡したところで次に個々のパケットデータを読み進めていきます。

  • 以下の記事には Wireshark のスクリーンショットをログとして添えています  (それぞれクリックで大きく表示)
  • ログには BLE パケットデータ本体に加え nRF Sniffer が解析の便宜のためにログへ出力する「Nordic BLE sniffer meta」ヘッダが含まれています
    • nRF Sniffer User Guide v1.1 (PDF) - www.nordicsemi.com Page 8 より
      4   Using Wireshark
      
      All BLE packets detected by the Sniffer are passed to Wireshark and are
      wrapped in a header which contains useful meta-information not present
      in the BLE packet itself. Wireshark dissects the packets and separates
      the actual packet from the meta-information.
                   :
      
  • 記事には下記資料からの抜粋へのリンクを参照用に適宜挿入しています
  • 随所に「https://developer.bluetooth.org/gatt/」下のサービス・キャラクタリスティックの記事へのリンクを張っていますが、2016年7月頃までは参照可能だった各記事が現在はリンク切れになっており(再構成中?)、さらに現時点では代替ページが見当たらないためリンク先はやむなく http://web.archive.org/ 上のキャッシュとしています。ただし web.archive.org 上にも保存履歴のない記事については一階層上のページへのリンクを張っています
    例:「Link Loss」サービスの単独ページのキャッシュは web.archive.org にも見当たらないため、上位のサービス一覧ページのキャッシュをターゲットに

局面

Scene 1: デバイス A のアドバタイジングと SCAN_REQ / SCAN_RSP

Frame 124 - 126 はデバイス A 発のアドバタイジングパケット

  • 全 40 チャネルのうちアドバタイジングパケット用の 37, 38, 39 の 3 チャネルが順次使用されていることが見てとれる
  • 「0x8e89bed6」の Access Address はアドバタイジングチャネルパケットで使用される固定値
  • デバイス A のアドバタイジングのタイプは Connectable Undirected(詳細: 1, 2, 3, 4) であることを示す一般的な「ADV_IND」である
  • 「Advertising Data: 020106020a000702031802180418」に含まれる不完全 16ビットサービスクラス UUID は次の内容
    • 16 bit uuid: 0x1803 --> 既定の「Link Loss」サービス
    • 16 bit uuid: 0x1802 --> 既定の「Immediate Alert」サービス
    • 16 bit uuid: 0x1804 --> 既定の「Tx Power」サービス
Frame 124

    

Frame 125

    

Frame 126

    

Frame 127

接続に際し対向アプリがデバイス A に対して SCAN_REQ を発行

    

Frame 128

デバイス A が対向アプリからの SCAN_REQ に対し SCAN_RSP を返信。ここでは ScanRspData としてデバイスのローカルネームが渡されている

    

Scene 2: 接続の確立と情報交換

Frame 217

対向アプリがデバイス A に対して CONNECT_REQ(詳細:1a, 2a, 1b, 2b)を発行して接続を試みる

  • 「Connection Request」中の「Connection Access Address」には、接続確立後のデータ通信において Access Address として双方が一意に使用する任意のアドレスが含まれる。ここでは「0xa6a188c8」
  • 「Connection Request」中の「Channel map」には接続確立後のデータ通信で使用するチャネル番号のリストが提示される。ここでは 0 - 36 の全データチャネルが指定されている
  • その他のパラメータについては上のリンクの資料を参照のこと
  • CONNECT_REQ に対する直接のレスポンスは発生しない。接続が確立するとデータ通信アイドル時にスレーブ - マスタ間で空パケット(Empty PDU)の応酬が始まるためこれが接続成否の判定に用いられる

    

Frame 218, 224 は接続確立後の最初の応酬。接続が確立すると対向アプリはマスタ、デバイス A はスレーブの位置づけとなる。ここでは リンク層制御 PDU の LL_FEATURE_REQ および LL_FEATURE_RSP によりマスタ - スレーブ間で Feature Exchange を行っている。ここでは双方とも「Supported feature: LE Encryption (0)」のみを提示(ただしここでは以降の通信において暗号化は行われていない)
Frame 218

    

Frame 224

    

Frame 222 ではアプリ側が「Device Name」を要求し Frame 226 でデバイス A 側がそれに応えている。
「Device Name」は、既定の Generic Access(GAP)サービス配下の既定のキャラクタリスティック(UUID = 0x2A00)であり、GATT サーバは必ず GAP サービスを含んでいる(詳細:1, 2
Frame 222

  Opcode: Read By Type Request (0x08)
  Starting Handle: 0x0001
  Ending Handle: 0xffff
  UUID: Device Name (0x2a00)

    

Frame 226

  Opcode: Read By Type Response (0x09)
  Length: 6
  Attribute Data, Handle: 0x0003
      Handle: 0x0003
      Value: ********

    

(GAP サービスおよび Device Name キャラクタリスティックは後続の Frame 231, Frame 266 であらためて表に現れる)

Scene 3: デバイス A の GATT サービス群の取得

(Scene 3, Scene 4 共通の基礎知識)
BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2(PDF) [Vol 3, Part G] より
    2.6 GATT PROFILE HIERARCHY
       2.6.1 Overview, 2.6.2 Service, 2.6.3 Included Services, 2.6.4 Characteristic
  3 SERVICE INTEROPERABILITY REQUIREMENTS
     3.1 SERVICE DEFINITION, 3.2 INCLUDE DEFINITION, 3.3 CHARACTERISTIC DEFINITION
       3.3.1 Characteristic Declaration
         3.3.1.1 Characteristic Properties, 3.3.1.2 Characteristic Value Attribute Handle, 3.3.1.3 Characteristic UUID
       3.3.2 Characteristic Value Declaration

初期処理として、マスタはスレーブの提供するサービス一覧を取得する (詳細:1, 2, 3

  • アプリ側が、デバイス A の GATT サーバの提供する公開サービス(プライマリサービス)の問合せを開始。 以降、GATT サーバ上の所定のサービスへアクセスするためのハンドルのアドレスと当該サービスの種類を識別する UUID を順次取得する
  • ハンドルのアドレス空間は 0x0000 - 0xFFFF であり GATT サーバ側の応答に応じて照会範囲を絞っていく


      (図は 「BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2」 より引用)

Frame 229

まずハンドル 0x0001 - 0xffff 全範囲についてプライマリサービスを照会

    Opcode: Read By Group Type Request (0x10)
    Starting Handle: 0x0001
    Ending Handle: 0xffff
    UUID: GATT Primary Service Declaration (0x2800)

    

Frame 231

以下のみっつのサービスの情報が得られた

  • ハンドルグループ 0x0001 - 0x000b:既定の「Generic Access」サービス(UUID = 0x1800)が使用
  • ハンドルグループ 0x000c - 0x000f:既定の「Generic Attribute」サービス(UUID = 0x1801)が使用
  • ハンドルグループ 0x0010 - 0x0022:既定の「Device Information」サービス(UUID = 0x180A)が使用

    Opcode: Read By Group Type Response (0x11)
    Length: 6
    Attribute Data, Handle: 0x0001, Group End Handle: 0x000b
        Handle: 0x0001
        Group End Handle: 0x000b
        Value: 0018
    Attribute Data, Handle: 0x000c, Group End Handle: 0x000f
        Handle: 0x000c
        Group End Handle: 0x000f
        Value: 0118
    Attribute Data, Handle: 0x0010, Group End Handle: 0x0022
        Handle: 0x0010
        Group End Handle: 0x0022
        Value: 0a18

    

Frame 235

続けてハンドル 0x0023 - 0xffff 範囲のプライマリサービスを照会

    

Frame 238

以下のみっつのサービスの情報が得られた

  • ハンドルグループ 0x0023 - 0x0025:既定の「Immediate Alert」サービス(UUID = 0x1802)が使用
  • ハンドルグループ 0x0026 - 0x002a:既定の「Tx Power」サービス(UUID = 0x1804)が使用
  • ハンドルグループ 0x002b - 0x002d:既定の「Link Loss」サービス(UUID = 0x1803)が使用

    

Frame 242

続けてハンドル 0x002e - 0xffff 範囲のプライマリサービスを照会

    

Frame 247

以下のみっつのサービスの情報が得られた

  • ハンドルグループ 0x002e - 0x0032:既定の「Battery Service」サービス(UUID = 0x180F)が使用
  • ハンドルグループ 0x0033 - 0x0037:ユーザ定義のサービス 1(UUID = 0xFFE0)が使用
  • ハンドルグループ 0x0038 - 0x003a:ユーザ定義のサービス 2(UUID = 0xFFF0)が使用

    

Frame 250

続けてハンドル 0x003b - 0xffff 範囲のプライマリサービスを照会

    

Frame 253

「Attribute Not Found (0x0a)」のエラーが返る。これ以上プライマリサービスが存在しないことを意味する。サービスの照会はここまで

    Opcode: Error Response (0x01)
    Request Opcode in Error: Read By Group Type Request (0x10)
    Handle in Error: 0x003b
    Error Code: Attribute Not Found (0x0a)

    

Scene 4: デバイス A 各サービス配下のキャラクタリスティック - デスクリプタの取得

(Scene 3, Scene 4 共通の基礎知識)
BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2(PDF) [Vol 3, Part G] より
    2.6 GATT PROFILE HIERARCHY
       2.6.1 Overview, 2.6.2 Service, 2.6.3 Included Services, 2.6.4 Characteristic
  3 SERVICE INTEROPERABILITY REQUIREMENTS
     3.1 SERVICE DEFINITION, 3.2 INCLUDE DEFINITION, 3.3 CHARACTERISTIC DEFINITION
       3.3.1 Characteristic Declaration
         3.3.1.1 Characteristic Properties, 3.3.1.2 Characteristic Value Attribute Handle, 3.3.1.3 Characteristic UUID
       3.3.2 Characteristic Value Declaration

次に、収集ずみの各プライマリサービスのハンドルグループごとに以下を行う (詳細:1, 2, 3, 4, 5, 6

  • 所定のサービスに含まれる Included Service の照会


      (図は 「BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2」 より引用)

  • 所定のサービスに含まれるキャラクタリスティックの照会


      (図は 「BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2」 より引用)

    • 所定のキャラクタリスティックに含まれるデスクリプタの照会


        (図は 「BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2」 より引用)

Frame 255

前掲の Frame 231 の示すハンドルグループ 0x0001 - 0x000b の「Generic Access」サービス内の Included Service を照会

    Opcode: Read By Type Request (0x08)
    Starting Handle: 0x0001
    Ending Handle: 0x000b
    UUID: GATT Include Declaration (0x2802)

    

Frame 259

当該サービス内に Included Service は存在しない(注:図のログではスニファがパケットデータを取りこぼしている)

    

Frame 262

ハンドルグループ 0x0001 - 0x000b の「Generic Access」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    Opcode: Read By Type Request (0x08)
    Starting Handle: 0x0001
    Ending Handle: 0x000b
    UUID: GATT Characteristic Declaration (0x2803)

    

Frame 266

以下のみっつのキャラクタリスティックの情報が得られた

(※キャラクタリスティック の Value フィールドの構成は前掲の「BLUETOOTH SPECIFICATION Version 4.2] - [Vol 3, Part G] p.532 「3.3.1 Characteristic Declaration」 に、プロパティ値の意味は同じく p.533 「3.3.1.1 Characteristic Properties」 に説明あり)

  • ハンドル:0x0002
    「value: 080300002a」より、プロパティ = 0x08 (Write), Characteristic Value Handle = 0x0003
    UUID = 0x2A00 = 既定の「Device Name
  • ハンドル:0x0004
    「value: 020500012a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0005
    UUID = 0x2A01 = 既定の「Appearance
  • ハンドル:0x0006
    「value: 020700042a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0007
    UUID = 0x2A04 = 既定の「Peripheral Preferred Connection Parameters

    Opcode: Read By Type Response (0x09)
    Length: 7
    Attribute Data, Handle: 0x0002
      Handle: 0x0002
      Value: 080300002a
    Attribute Data, Handle: 0x0004
      Handle: 0x0004
      Value: 020500012a
    Attribute Data, Handle: 0x0006
      Handle: 0x0006
      Value: 020700042a

    

Frame 270

続けてハンドル 0x0007 - 0x000b 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 275

以下のふたつのキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0008
    「value: 020900022a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0009
    UUID = 0x2A02 = 既定の「Peripheral Privacy Flag
  • ハンドル:0x000a
    「value: 020b00032a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x000b
    UUID = 0x2A03 = 既定の「Reconnection Address

    

Frame 279

前掲の Frame 231 の示すハンドルグループ 0x000c - 0x000f の「Generic Attribute」サービス内の Included Service を照会

    

Frame 284

当該サービス内に Included Service は存在しない

    

Frame 287

ハンドルグループ 0x000c - 0x000f の「Generic Attribute」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 289

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x000d
    「value: 200e00052a」より、プロパティ = 0x20 (Indicate), Characteristic Value Handle = 0x000e
    UUID = 0x2A52 = 既定の「Service Changed

    

Frame 293

続けてハンドル 0x000e - 0x000f 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 298

当該サービス内にはこれ以上キャラクタリスティックは存在しない

    

Frame 302

Frame 289 の示す通り 0x0000e は Service Changed キャラクタリスティックの Value Handle であり、残る0x000f に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    Opcode: Find Information Request (0x04)
    Starting Handle: 0x000f
    Ending Handle: 0x000f

    

Frame 305

0x000f は Service Changed キャラクタリスティックの Client Characteristic Configuration Descriptor (UUID = 0x2902) (詳細:1, 2) である旨の情報が得られた

    Opcode: Find Information Response (0x05)
    UUID Format: 16-bit UUIDs (0x01)
    Handle: 0x000f
    UUID: Client Characteristic Configuration (0x2902)

    

Frame 308

前掲の Frame 231 の示すハンドルグループ 0x0010 - 0x0022 の「Device Information」サービス内の Included Service を照会

    

Frame 312

当該サービス内に Included Service は存在しない

    

Frame 315

ハンドルグループ 0x0010 - 0x0022 の「Device Information」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 319

以下のみっつのキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x00011
    「value: 021200292a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0012
    UUID = 0x2A29 = 既定の「Manufacturer Name String
  • ハンドル:0x00013
    「value: 021400242a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0014
    UUID = 0x2A24 = 既定の「Model Number String
  • ハンドル:0x00015
    「value: 021600252a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0014
    UUID = 0x2A25 = 既定の「Serial Number String

    

Frame 323

続けてハンドル 0x0016 - 0x0022 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 326

以下のみっつのキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x00017
    「value: 021800262a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0018
    UUID = 0x2A26 = 既定の「Firmware Revision String
  • ハンドル:0x00019
    「value: 021a00272a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x001a
    UUID = 0x2A27 = 既定の「Hardware Revision String
  • ハンドル:0x0001b
    「value: 021c00282a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x001c
    UUID = 0x2A28 = 既定の「Software Revision String

    

Frame 330

続けてハンドル 0x001c - 0x0022 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 333

以下のみっつのキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0001d
    「value: 021e00232a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x001e
    UUID = 0x2A23 = 既定の「System ID
  • ハンドル:0x0001f
    「value: 0220002a2a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0020
    UUID = 0x2A2A = 既定の「IEEE 11073-20601 Regulatory Certification Data List
  • ハンドル:0x00021
    「value: 022200502a」より、プロパティ = 0x02 (Read), Characteristic Value Handle = 0x0022
    UUID = 0x2A50 = 既定の「PnP ID

    

Frame 337

前掲の Frame 238 の示すハンドルグループ 0x0023 - 0x0025 の「Immediate Alert」サービス内の Included Service を照会
(注:このリクエストに対する正しいレスポンスは「Attribute Not Found (0x0a)」だが、スニファ取りこぼしのためログが欠落している)

    

Frame 341

ハンドルグループ 0x0023 - 0x0025 の「Immediate Alert」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 345

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0024
    「value: 042500062a」より、
    プロパティ = 0x04 (Write without Response),
    Characteristic Value Handle = 0x0025
    UUID = 0x2A06 = 既定の「Alert Level

    

Frame 349

前掲の Frame 238 の示すハンドルグループ 0x0026 - 0x002a の「Tx Power」サービス内の Included Service を照会
(注:このリクエストに対する正しいレスポンスは「Attribute Not Found (0x0a)」だが、スニファ取りこぼしのためログが欠落している)

    

Frame 355

ハンドルグループ 0x0026 - 0x002a の「Tx Power」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 359

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0027
    「value: 122800072a」より、プロパティ = 0x12 (Read | Notify), Characteristic Value Handle = 0x0028
    UUID = 0x2A07 = 既定の「Tx Power Level

    

Frame 362

続けてハンドル 0x0028 - 0x002a 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 366

当該サービス内にはこれ以上キャラクタリスティックは存在しない

    

Frame 369

Frame 359 の示す通り 0x00028 は Tx Power Level キャラクタリスティックの Value Handle であり後続の 0x0029 - 0x002a に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 373

0x0029 は Tx Power Level キャラクタリスティックの Client Characteristic Configuration Descriptor (UUID = 0x2902) (詳細:1, 2) である旨の情報が得られた

    

Frame 376

残る0x002a に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 380

0x002a は Tx Power Level キャラクタリスティックの Characteristic Presentation Format Descriptor (UUID = 0x2904) (詳細:1, 2, 3, 4) である旨の情報が得られた

    Opcode: Find Information Response (0x05)
    UUID Format: 16-bit UUIDs (0x01)
    Handle: 0x002a
    UUID: Characteristic Presentation Format (0x2904)

    

Frame 384

前掲の Frame 238 の示すハンドルグループ 0x002b - 0x002d の「Link Loss」サービス内の Included Service を照会
(注:このリクエストに対する正しいレスポンスは「Attribute Not Found (0x0a)」だが、スニファ取りこぼしのためログが欠落している)

    

Frame 390

ハンドルグループ 0x002b - 0x002d の「Link Loss」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 392

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x002c
    「value: 0a2d00062a」より、プロパティ = 0x0a (Read | Write), Characteristic Value Handle = 0x002d
    UUID = 0x2A06 = 既定の「Alert Level

    

Frame 395

前掲の Frame 247 の示すハンドルグループ 0x002e - 0x0032 の「Battery Service」サービス内の Included Service を照会

    

Frame 397

当該サービス内に Included Service は存在しない

    

Frame 401

ハンドルグループ 0x002e - 0x0032 の「Battery Service」サービス内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 404

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x002f
    「value: 123000192a」より、プロパティ = 0x12 (Read | Notify), Characteristic Value Handle = 0x0030
    UUID = 0x2A19 = 既定の「Battery Level

    

Frame 407

続けてハンドル 0x0030 - 0x0032 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 411

当該サービス内にこれ以上キャラクタリスティックは存在しない

    

Frame 415

Frame 404 の示す通り 0x00030 は Battery Level キャラクタリスティックの Value Handle であり後続の 0x0031 - 0x0032 に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 420

0x0031 は Battery Level キャラクタリスティックの Client Characteristic Configuration Descriptor (UUID = 0x2902) (詳細:1, 2) である旨の情報が得られた

    

Frame 423

残る0x0032 に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 427

0x0032 は Battery Level キャラクタリスティックの Characteristic Presentation Format Descriptor (UUID = 0x2904) (詳細:1, 2, 3, 4) である旨の情報が得られた

    

Frame 431

前掲の Frame 247 の示すハンドルグループ 0x0033 - 0x0037 のユーザ定義サービス 1(UUID = 0xFFE0)内の Included Service を照会

    

Frame 434

当該サービス内に Included Service は存在しない

    

Frame 437

ハンドルグループ 0x0033 - 0x0037 のユーザ定義サービス 1 内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 439

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0034
    「value: 103500e1ff」より、
    プロパティ = 0x10 (Notify),
    Characteristic Value Handle = 0x0035
    UUID = 0xFFE1 : ユーザ定義のキャラクタリスティック

    

Frame 442

続けてハンドル 0x0035 - 0x0037 範囲のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 446

当該サービス内にこれ以上キャラクタリスティックは存在しない

    

Frame 450

Frame 439 の示す通り 0x00035 はユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)の Value Handle であり後続の 0x0036 - 0x0037 に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 453

0x0036 はユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)の Client Characteristic Configuration Descriptor (UUID = 0x2902) (詳細:1, 2) である旨の情報が得られた

    

Frame 456

残る0x0037 に関する情報を GATT に問い合わせてみる (詳細:1, 2

    

Frame 458

0x0037 はユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)の Characteristic User Description Descriptor (UUID = 0x2901)である旨の情報が得られた

    

Frame 462

前掲の Frame 247 の示すハンドルグループ 0x0038- 0x003a のユーザ定義サービス 2(UUID = 0xFFF0)内の Included Service を照会

    

Frame 465

当該サービス内に Included Service は存在しない

    

Frame 468

ハンドルグループ 0x0038 - 0x003a のユーザ定義サービス 2 内のキャラクタリスティックを照会

    

Frame 470

以下のキャラクタリスティックの情報が得られた

  • ハンドル:0x0039
    「value: 043a00f1ff」より、プロパティ = 0x04 (Write without Response), Characteristic Value Handle = 0x003a
    UUID = 0xFFF1 : ユーザ定義のキャラクタリスティック

    

Scene 5: デバイス A ボタン押下時のアプリへの通知を設定

Frame 491

Frame 453Frame 439Frame 453 の示す通り、ハンドル 0x0036 は、 "ユーザ定義サービス 1(UUID = 0xFFE0)配下のユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)配下の Client Characteristic Configuration Descriptor (CCCD)" である

当該ユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)のプロパティには Notify が設定されており、クライアントである対向アプリから CCCD 0x0036 に Notification bit (0x0001) を書き込んでおくことで、このキャラクタリスティックの値が更新された時に Value Handle である 0x0035 経由でアプリ側へ通知(Notification)が行われるようになる
(詳細: 1a, 2a, 1b, 2b

    Opcode: Write Request (0x12)
    Handle: 0x0026
    Value: 0100

    

Frame 495

    Opcode: Write Response (0x13)

    

Scene 6: アプリからデバイス A の LED・ブザーを操作

Frame 616

対向アプリ上の所定のボタンを押下すると、Frame 345, Frame 238 の示す、 "「Immediate Alert」サービス配下の「Alert Level」キャラクタリスティック" の Value Handle 0x0025 に値「2(High Alert)」が書き込まれる

デバイス A の LED・ブザーはファームウェアレベルでこの Alert Level キャラクタリスティックに紐づけられている模様。High Alert 値が書き込まれるとそれに反応して短時間 LED とブザーが ON になる

なお、Frame 345 の示すように Alert Level キャラクタリスティックのプロパティには「Write without Response」(0x04) が設定されているため、アプリから値を書き込んでもデバイス A からのレスポンスは発生しない

    Opcode: Write Command (0x52)
    Handle: 0x0025
    Value: 02

    

Scene 7: デバイス A のボタンを押すとアプリへ通知

Frame 711

デバイス A の物理ボタンはファームウェアレベルで Frame 439 の示す "ユーザ定義サービス 1(UUID = 0xFFE0)配下のユーザ定義キャラクタリスティック(UUID = 0xFFE1)" に紐づけられている模様。このボタンを押すと当該キャラクタリスティックの値がデバイス内部で更新され Frame 491 での仕込みに基づきアプリ側へ通知が行われる

    Opcode: Handle Value Notification (0x1b)
    Handle: 0x0035
    Value: 01

    

Scene 8: アプリ側からデバイス A との接続を切断

対向アプリ上の所定のボタンを押下するとリンク層制御 PDU の LL_TERMINATE_IND (0x02) がデバイス A 側に送出され両者間の接続が終了する(詳細:1, 2

Frame 779

    


(tanabe)
klab_gijutsu2 at 19:02│Comments(0)TrackBack(0)Bluetooth | IoT

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント
最新トラックバック
Archives