2012年03月29日

因縁の Google 独自言語対決! Go 1 vs PyPy

はてなブックマークに登録

エイプリルフールネタが思いつかないけど4/1は休日なんで問題ありません。 methane です。

とうとう ゴー のバージョン 1 がリリースされましたね。おめでとうございます。 まだRC2が出てからあまり時間が経ってない気がするのですが、パイソンにグーグル独自言語の称号を奪われそうになって慌てたのかもしれません。

前回のechoサーバー対決 から半年すこし経ったのですが、この間にどれくらい高速化したのか、早速ベンチマークをアップデートしました。

echoserver on github
Google Docs Spreadsheet

前回のスコアと比較してみると、 Go の r59 では

Throughput: 52087.16 [#/sec]
Throughput: 52070.02 [#/sec]
Throughput: 52068.27 [#/sec]
だったのが、 Go 1 では
Throughput: 55872.09 [#/sec]
Throughput: 55857.82 [#/sec]
Throughput: 55949.57 [#/sec]
と、順位に変動があるほどではありませんが、着実に速くなってます。一方、 PyPy 1.6では
Throughput: 79193.30 [#/sec]
Throughput: 81063.83 [#/sec]
Throughput: 81442.70 [#/sec]
だったのが、 PyPy 1.8 だと、、、
Throughput: 84852.55 [#/sec]
Throughput: 106760.88 [#/sec]
Throughput: 107032.43 [#/sec]

なんと、シングルスレッドのC++(epoll版)に迫る性能を叩き出すようになってます。

今回は Go と PyPy だけの更新ですが、夏までには軽量スレッド最速環境である Haskell の新しい Haskell Platform というディストリビューションが出ると思うので、それを待って全体的に更新したいと思います。


@methane

klab_gijutsu2 at 12:45│Comments(0)TrackBack(0)golang | Python

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント
最新トラックバック
Archives