2008年02月07日

最近のmemcached界隈の賑わいについてのメモ

はてなブックマークに登録

repcachedの開発をしている関係で、昨年あたりからmemcached界隈のウォッチを強化しています。 昨日のエントリでもちょっと書いたんですが、なぜかここ最近、にわかにmemcached界隈が賑やかになってきている感があります。具体的には、memcached互換の実装がいろいろと現れたり、新しいクライアントライブラリが登場したりなど。

そんなわけで、最近わたしが気になっている、memcached関連のあのプロダクトやこのプロダクトをささっとまとめてみたいと思います。

クライアントライブラリ (C)

libmemcached

Brian Akerさんによる、C言語用のライブラリ。 既存のC言語用のライブラリである、libmemcacheapr_memcacheに続く、第3のC言語用ライブラリです。
Consistent Hashingも実装しているようです。
いままでベンチマークプログラムを書くときはlibmemcacheを使っていたので、次の機会はこのlibmemcachedを使ってみようかなと思っています。
ちなみに、BrianさんはMySQL ABの方で、ほかにもmemcache_engine(memcachedをMySQLのストレージエンジンとして使うプラグイン)など、おもしろそうなものを作っている方です。
参考: mixi Engineers' Blog » ibmemcachedで快速キャッシュ生活 libmemcachedを使ったmemstormなど

クライアントライブラリ (Perl)

Memcached::libmemcached

先に紹介したlibmemcachedを内部的に使っているPerlモジュールです。

Cache::Memcached::libmemcached

↑のMemcached::libmemcachedを内部的に使っているPerlモジュールです。
Memcached::libmemcachedはlibmemcachedのAPIを踏襲するように作られていますが、一方、このCache::Memcached::libmemcachedは既存のPerlモジュールであるCache::MemcachedとAPI互換があるように作られています。
ちなむと、以上のほかにはこのようなPerlモジュールもあります。

参考: Re: cache::memcached::fast とか ::XS とかとのベンチはどれくらい? - D-6 [相変わらず根無し]

プロトコル互換の実装

Flared (ふれあでぃー)

グリーの藤本さんらが開発しているプロダクトです。説明文を引用します。

Flared(ふれあでぃー)は、memcachedと同様のプロトコルを持つ(ちょっと非互換なところもあります)分散ストレージサーバソフトウェアです、と書くと大げさですが、もうちょっと気軽なものです。

特長のところには、

  • Asynchronus Replication
  • Fail Over
  • Dynamic Reconstruction
  • Request Proxy

などと書かれています。とてもとても気になる機能たちです。

Tokyo Tyrant

mixiの平林さんが開発しているプロダクトです。 mixi Engineers' Blog » DBMによるデータベースサーバから引用します。

Tokyo Tyrant(以下TT)はTokyo Cabinet(以下TC)をラップしてネットワーク越しに操作できるようにするツールです。

スピードや効率を追い求める姿勢がビンビンに伝わってきて興味をそそられました。

改造派

mmcmod

mixiのトール前坂さんが開発しているプロダクトで、 memcachedを改造して、ストレージの部分をとっかえひっかえできるようにしちゃおうというものです。
memcachedのストレージ層をmodularにしてみたでは、 Tokyo Cabinetをストレージエンジンとして使う例が紹介されています。

repcached

手前味噌ですが、最後に紹介するのはわたしたちが開発しているrepcachedです。
memcachedに以下の機能を追加するパッチです。

  • シングルマスタ/シングルバックアップの非同期リプリケーション
  • 自動的なフェイルオーバとフェイルバック

来週早々にはmemcached-1.2.4向けのrepcached-1.1のリリースを予定しています。
その後に、repcached-2.0として、マルチマスタのレプリケーション機能を実装する予定です!

ほかにもそそるプロダクトがありましたら、コメントなどで教えていただけるとうれしいっす。


(ひ)
klab_gijutsu2 at 03:11│Comments(1)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

DSAS開発者の部屋:最近のmemcached界隈の賑わいについてのメモ

この記事へのコメント

1. Posted by グニャラくん   2008年02月07日 14:57
repcached-1.1楽しみに待ってまーす!
弊社でバリバリ稼働中です!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント
最新トラックバック
Archives