2007年05月21日

KLab勉強会#2 のご案内

はてなブックマークに登録

前回の勉強会、「DSASのあれこれ」に続いて、第2回 KLab勉強会を開催したいと思います。

前回の「DSASのあれこれ」はDSAS全体を俯瞰するような内容だったのですが、今回はピントをしぼって、DSASのとある構成要素について深く濃くしゃべりたいと思います。

そして今回はもう1セッションあります。
VIVERの開発者である古橋さんを招いて、VIVERについていろいろとしゃべっていただきます。 VIVERについて詳しくはVIVERのサイトを見ていただきたいのですが、とてもエキサイティングなシステムなので、ぼくたちも楽しみにしています。

開催要項

日時
2007/6/22 (金) 19:00-20:00 (18:30受付開始)
場所
KLab株式会社 第3会議室
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー20F
参加費
無料
人数
30名程度
(定員になり次第、参加登録を締め切らせていただきます)

※終了後に懇親会(会費制)を予定しています

セッション

  1. タイトル
    『DSASのあそこ - ストレージサーバ編』
    講師
    ひろせまさあき (KLab株式会社)
    概要

    DSASには「PmtShare」と名付けているストレージサーバがあります。
    PmtShareはサービスが停止しないように冗長構成にしているのですが、どうやってそれを実現しているかをお話したいと思います。

    関連キーワード:

    • DRBD
    • keepalived (VRRP)
    • NFS
  2. タイトル
    『VIVERのいろいろ』
    講師
    古橋 貞之 (筑波大学)
    概要

    VIVERは、1台のコンピュータをCDやDVD、USBメモリなどから起動し、続いて他のコンピュータを次々にネットワークブートすることで、瞬時にディスクレスネットワークを構築するシステムです。

    VIVERを使うと、非常に簡単な手順で、今あるLinuxシステムをUSBメモリやネットワークブートからブートできるようにすることができます。

    特定のLinuxディストリビューションには依存していないので、CentOSでもopenSUSEでもDebianでもMandrivaでも、ほとんどのディストリビューションをディスクレスブートさせられます。

    ネットワークブートにはNFSを使いません。分散多重化共有ブロックデバイスV-FIELDを使います。

    VIVER - VIVERとは?

参加方法

参加希望者が定員に達したため、申し込みを終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
参加希望のメールをいただいた方には、後日、当日のご案内をメールでお送りいたします。
万一、参加登録後に都合が悪くなってしまった場合は、当日でもかまいませんのでregister-study-20070622@klab.orgまでご連絡いただけると助かります。

また、申し込み終了後に参加希望のメールをいただいた方には、定員超過の旨、メールでご連絡いたします。今回は参加いただけませんが、次回の参加をお待ちしております。


klab_gijutsu2 at 09:09│Comments(0)TrackBack(2)KLab勉強会 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [勉強会]KLab勉強会#2が開催されます  [ Do You PHP はてな ]   2007年05月21日 11:05
2007/6/22 (金) 19:00からです。 定員少なめ(30名)だそうですので、参加される方はお早めに! 前回の「DSASのあれこれ」はDSAS全体を俯瞰するような内容だったのですが、今回はピントをしぼって、DSASのとある構成要素について深く濃くしゃべりたいと思います。 そして今
2. KLab勉強会#2でしゃべります  [ 古橋貞之の日記 ]   2007年05月22日 08:15
KLab勉強会#2 のご案内 新世代Linuxネットワークブートテクノロジ「VIVER」についてしゃべります。 VIVERとは何ぞや?からはじまり、分散多重化共有ブロックデバイス「V-FIELD」の威力、今後の目論見について。 VIVERはLinuxをネットワークブートさせるシステムです。1台目

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント
最新トラックバック
Archives