2006年04月19日

技術の価値はどこにある?

はてなブックマークに登録

技術ってなんだろう・・・・・ふとそんなことを考える時があります。
この業界で働いていると、「あんな事やこんな事を知ってるから技術がある」という錯覚に陥りがち
になるものですが、「知っている事」「技術を身につける事」は全くの別物だと思うのです。
例えば「おいしい野菜を育てる技術」とか「美しい絵を描ける技術」というのも立派な技術ですよね。
かといって、絵の描き方をいくら教えてもらっても上手になるとは限らないし、畑の耕し方を教わっても美味しく育つ保証はありません。
おそらく、この「DSAS開発者の部屋」を見て頂いて実際に同じ作業ができる方は、すでに相応の技術力をお持ちの方でしょうし、逆にここに書いてある情報だけを頼りに同じ作業をやろうとすると、きっと様々な壁にぶつかってしまう事でしょう。

眠る開発屋blog より

>KLabのブログなどを見て思ったのだけども、
>いまや技術ノウハウの開示は当然になっているのか。

との事ですが、「DSAS開発者の部屋」は「技術ノウハウ」と呼ばれるには少々情報不足かもしれません。たとえ必死に頑張って、寝る間も惜しんで一生懸命更新したとしても、この限られた空間の中でDSASのすべての情報を開示するのは困難でしょうし、そもそもそれを目的としている訳でもないですし・・・
それどころか、つい最近書いたはずの内容でさえ、すでに時代遅れになってしまっている可能性だって十分にあるのです。

・・・・・ええ、時の流れは容赦ありませんって(笑) ・・・・・

そう考えると、書いてある内容そのものを吟味するよりも、

>ってか、ディスクレスブートって面白そうだね。
>ディスク障害にかかるコストを減らせるっていうのはなるへそ。

のように、なんらかのネタに対して「面白そう」とか「あ、そっか」と感じてもらえる事が、とっても大事なことだと思います。技術を磨いたり、何かを理解しようとする力の源は、ほんの小さなきっかけから生まれることが多かったりします。「DSAS開発者の部屋」が、少しでも多くの方々の小さなきっかけになることができれば嬉しく思います。
klab_gijutsu2 at 10:00│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 面接 FAQ (1)  [ 仙石浩明CTO の日記 ]   2006年04月20日 07:43
2000年に (株)ケイ・ラボラトリー (KLab の当時の社名) を創業してから 6 年、 当然ながら数限りなく採用面接を行ないました。 最近でこそ私の面接なしで採用された人達も増えてきたのですが、 一時は技術部門のほぼ全員が私の面接を経て入社した という人達だった時期...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Archives
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント