2019年11月01日

ひもスイッチでスマート照明を操作する

はてなブックマークに登録

Philips Hue を代表格とするスマートバルブ(電球)は随所でその利便性がうたわれてきました。手元ではこれまでこの方面の製品には触れずにいましたが、先日 Meross 社の「MSL120」を買ってみました。常用している同社のスマートプラグ MSS110 と同一の公式アプリで利用できることも都合がよく楽しみながら使っています

社内でその話をしたところ冗談まじりに「照明つながりで現代のスマートバルブを昭和期のひも式のスイッチで操作してみたりとか」という話題があり実際に試してみました。せっかくなので "出落ちネタ" として動作の様子を紹介します。制御に ESP32 ボードを使い IFTTT アプレットを呼び出して点灯・消灯を行っています。

 
動画:1分2秒

延長用のひもを取りつけ体の位置にあわせて伸縮させたり、風を送って振り子の要領でひもを手元に引き寄せるなど、ひもスイッチは家庭生活に馴染みのよい人間的な柔軟性と便宜をそなえたユーザインターフェイスでした。 スイッチ自体を駆動させるための電力や配電を必要とせず素朴なしくみでありながらある程度の遠隔操作を実現できるメリットは大きく、今後もこの形式のスイッチが姿を消すことはないでしょう。誰にでも扱うことのできる間口の広さは家電製品のスマート化の進む今の時代にも有用かもしれません。

(使用した資材)


(tanabe)
klab_gijutsu2 at 18:13│Comments(0)IoT 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Archives
このブログについて
DSASとは、KLab が構築し運用しているコンテンツサービス用のLinuxベースのインフラです。現在5ヶ所のデータセンタにて構築し、運用していますが、我々はDSASをより使いやすく、より安全に、そしてより省力で運用できることを目指して、日々改良に勤しんでいます。
このブログでは、そんな DSAS で使っている技術の紹介や、実験してみた結果の報告、トラブルに巻き込まれた時の経験談など、広く深く、色々な話題を織りまぜて紹介していきたいと思います。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。